使い勝手が良くなる|フロアコーティングを依頼するなら【おすすめ業者の見極め方】

家族が喜ぶリフォームを計画していくことが大切です。

使い勝手が良くなる

扉と男の人

見た目だけではない

玄関ドアリフォームで重要なのが、実用性の高さです。デザインやカラーなどの見た目の印象も重要ですが、やはり使いやすさに着目することも大切です。料金は多少高くなっても、使い勝手の良さを妥協しなければ、結果的に長く快適にドアを使うことができるため、後悔が少ないといえます。

取っ手

例えば、ドアの取っ手の位置や形も大きなポイントになります。家族が握りやすくドアの開閉がスムーズにできるようなタイプを選んでいきましょう。

採光

玄関ドアは、明かり取りとなるような採光性が高いタイプをチョイスしたいものです。玄関が明るくなるため、出入りがしやすくなります。

ユニバールデザイン

玄関の段差をなくしたり、スロープや手すりを設置したりすることで、高齢者や子供、健常者や障がい者関係なく誰もが使いやすい玄関になります。

ストレスがない

住宅が古くなってきたり、さまざまな条件が重なってくると、ドアの建て付けの悪さが気になってきます。ドアの開閉や、鍵の開錠に独特のコツが必要となってくるのです。とくに時間がないときには、建て付けが悪いドアはとてもストレスに感じます。玄関ドアリフォームでは、そうしたストレスからも解放されることでしょう。

広告募集中